円高だと海外旅行がお得に!
円高のメリットを最大限に生かすための両替術(3/3)

海外旅行をお得に!両替で押さえておくべきポイント

円高のうちに行っておきたいおすすめの海外旅行先、いかがだったでしょうか?
人気の観光地も多いので、海外旅行初心者でも安心して出かけられるでしょう。

続いて、実際に旅行へ出かける前に、知っておきたい両替に関する情報を紹介します。

両替はどこでするのがお得?

現地の両替所

両替は、出国する前に日本国内でできますし、海外に到着してから現地でもできます。

流通量が多い米ドルやユーロなら、日本国内の銀行や空港で両替することも可能なのでおすすめです。アメリカやユーロ圏では日本円は特に需要が高くないため、両替の手数料が高いことも日本で両替したほうが良い理由のひとつです。

これに対し、流通量が少ないことにより通貨自体の手数料が高騰するため、日本円よりも市場ニーズの低い通貨なら海外で両替したほうがお得と考えられます。ただし、両替する場所に工夫したとしても、どれくらい差が出るかというと軽食1回分程度にしかならないと考えておいたほうがいいでしょう。

たとえば5万円を米ドルに両替する場合、1ドル100円の両替所では500ドルになりますが、1ドル102円の両替所では490ドルになってしまいます。差額は10ドル分となり、日本円に換算すると1,000円程度の違いにしかならないのです。
実際には1円程度の差にしかならないことが多いため、どこで両替するかはそこまで気にする必要はないでしょう。

両替はどれくらいの金額をするのが良い?

考えている人

海外旅行に出かけるなら、いくら両替しておけば良いのでしょうか。

旅行先の国にもよりますが、クレジットカードを利用できるケースも多いです。為替相場が急激に変動しない限りはカードでも円高の恩恵を受けられるため、現地の通貨はそれほど多く持たなくても構いません。

長期間海外に滞在する、または買い物をたっぷりとするつもりの人は、念のため予算の5割〜8割程度を目安に現地通貨を準備しておくことをおすすめします。残りはクレジットカードを利用すれば不自由はしません。

できるだけ多く両替をしておいたほうが良いのは「将来その国に行く予定がある」かつ「今現在の為替相場が円高である」ケースです。円高になっているチャンスを逃さず両替し、将来旅行するときまで保管しておきましょう。

ちなみに、旅行会社JTBの公式サイトでは、さまざまな国の両替シミュレーションができます。両替にかかる日本円や現地通貨額などが具体的にわかるので、いくら両替すれば良いかわからない場合は試してみると良いでしょう。

現地通貨は現地で消費するのが基本

小銭

両替した通貨はできるだけ現地で消費することが基本です。

現地通貨を使い切らずに日本に持ち帰ってしまうと、日本円に再度両替しなければなりません。両替するには手数料もかかりますし、小銭は国内では再両替ができません。使い残した小銭は現地の空港が使用できる最後の場所となるので、できるだけそこで使い切るように心がけましょう。
残しておいても記念品にしかならないので、もったいないことになります。

JTBの外貨両替ってどんなサービス?

JTBといえば旅行会社として知られていますが、多数の通貨の外貨両替サービスも取り扱っています。「JTBの外貨両替」というサービスで、国内銀行とほぼ同等レートで両替をおこなっています。

現地で両替したほうがお得なこともありますが、何かと忙しい毎日のなかで旅行準備を進めながら両替するのは大変です。わざわざ両替所に出向いて両替する手間を考えれば、JTBの外貨両替サービスは多忙な方にも便利なサービスだと言えるでしょう。

1 人気のエリアをカバーする多数の通貨・小額紙幣の取扱い

小銭

JTBの外貨両替サービスは、多数の海外通貨に対応しています。
流通量の多い米ドルやユーロをはじめとして、カナダドルやイギリスポンドなど需要の高い通貨も取り扱われています。ほかにも、韓国ウォンや中国人民元、タイバーツにシンガポールドルなども対応可能です。

基本的な海外旅行先はカバーしているので、安心して利用しましょう。チップ用として重宝する小額紙幣に両替することもできるので非常に便利です。

2 旅行準備で慌てない!宅配で両替ができる

旅行準備は何かと忙しいものですが、JTBの外貨両替サービスを利用すると両替にかかる手間を省くこともできます。webから両替を申し込んで受け取り場所を自宅に指定すれば、事前に自宅で必要な外貨を受け取ることができるのです。

自宅ではなく空港受け取りを指定することもできますし、最寄りのJTB店舗から申し込んで後日店舗で受け取ることもできるため、都合に応じて使い分けましょう。

3 国内銀行と同等レートで安心!

日本で両替する場合は、銀行や両替所、空港などで両替することができます。
為替相場そのものは変わりませんが、実際にはどこで両替するかにより、両替のレートが若干変わることがあります。

JTBの外貨両替サービスの場合、基本的には国内の銀行と同等のレートで両替が可能です。銀行とほとんど同じということで安心感もあるため、初めての両替で不安な場合はJTBの外貨両替を利用してみると良いでしょう。

4 クレジットカードで両替ができる!

Close-up of credit card and smartphone

一般的に、両替するときは現金で支払います。ところがJTBの外貨両替サービスでは、クレジットカードでも支払いが可能です。

クレジットカードが使えるとポイントも貯まりますし、現金を用意しなくて良いので便利です。ただ、クレジットカードの種類によっては使用できなかったり、両替可能額が3万円〜10万円と比較的少額だったりするので注意が必要です。

支払いも分割やリボ払いなどクレジットカードのメリットを活かした方法は選べず、一括払いのみとなるので返済計画を立ててから利用しましょう。

お得に海外旅行へ出かけるなら円高傾向の今がチャンス!

    エンパイア・ステート・ビルとマンハッタン
    カラカウア通り オアフ島 ハワイ
    北京市郊外 中国

2018年は、海外旅行先として人気の高い国々で幸運にも円高傾向が続いています。

まさに海外旅行へ出かけるにはうってつけの時期だと言えるので、興味のある人は検討してみましょう。そのときは、両替にも気を配ることが大切です。

クレジットカードを利用する予定でも、現地通貨は必ずある程度必要になります。少しでも賢くお得に両替するためにも、円高の時期を逃さないようにしましょう。
円高時期の海外旅行にはさまざまなメリットがあるので、お得にアクティビティやショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • <
  • 1
  • 2
  • 3