海外旅行の安い時期はいつ?お得に旅を楽しもう(1/3)

マリーナ・ベイ・サンズとマーライオン シンガポール

「海外旅行をできるだけ安く楽しみたい」そう思っている人は多いかもしれません。

海外旅行は近いエリアの国に行ったとしても、ある程度はどうしても費用がかさんでしまいます。しかし、実は海外旅行にかかる費用は時期によって変動し、場合によっては費用を抑えることができるのです。

どこに旅行に行くにせよ、観光地には人気のシーズンやベストシーズン、人気のないシーズンがあります。それぞれの時期を見極めることによって、旅行代金を抑え、さらにはより効率的に旅行が楽しむことが可能です。

海外旅行を安く楽しみたい人のために、いつ海外旅行に行くのが得策なのか、また安い時期に旅行に行く際の注意点はあるのかなど、海外旅行にありがちな疑問について解説します。

海外旅行には安い時期と高い時期がある!

海外旅行をする際に意識しなければいけないのが、海外旅行は安く行ける時期(オフシーズン)と高い旅費が必要になる時期(オンシーズン)があるということです。

空港出発イメージ

一般的に、多くの人が長期休暇を取るシーズンは、海外旅行に出掛ける人が多いため、金額が高くなります。シンプルにいうと、多くの人が海外旅行に行きたがる時期は旅費が比較的高額になります。

また、旅行の費用は、大きく「航空運賃」と「宿泊代金など現地費用」に分けることができます。とりわけ、航空運賃は旅行代金のなかでも比重が大きいと言えます。

そのため、航空運賃が安い時期がオフシーズン、高い時期がオンシーズンと考えられます。

航空運賃の変動は、目的地によっても異なります。

たとえば、オーストラリアに旅行に行く場合は、日本と気候が正反対なので、観光のベストシーズンは冬になります。

空からのエアーズロック  ノーザンテリトリー オーストラリア

宿泊代などの現地費用についても、目的地が観光のベストシーズンであったり、特別な催しをおこなっていたりすると高く設定されることがあります。雨季であったり猛暑が続く時期だったりすると、安く旅行に行ける可能性が高いです。

このように、具体的な旅行に適したシーズンは、目的地によって異なります。しかし、どんな場合でも旅行代金を安く済ませたいならオフシーズンを狙いましょう。

WEBからの両替申し込みページへの遷移 取引の流れ説明ページへの遷移

海外旅行のツアー代金・航空券が高い時期は?

航空機

海外旅行の適したシーズンは目的地によっても異なると述べましたが、基本的には海外も日本も多くの人が動く時期に旅行代金が高く、それ以外の時期は安いということが考えられます。

そのうえで、さらに詳しく、まずはオンシーズンについて見ていきましょう。

日本の旅行会社の繁忙期

お盆帰省イメージ

一般的に、ゴールデンウィークや夏休み、お盆、正月などは多くの人が長期休暇を取るので、海外旅行に行く人が多く、旅行代金も高くなります。

また、日本の航空会社においては、ある程度時期によって航空運賃の変動が決まっているのです。

12月〜1月は、年末年始以外は価格が安い時期になります。その後2月〜3月と徐々に上昇していきますが、4月〜5月までは、ゴールデンウィークを除けば比較的手ごろな価格で航空券が手に入るでしょう。

6月から夏に向けて徐々に価格が上昇していくものの、7月上旬まで比較的安い価格に留まり、夏休み期間やお盆にピークを迎えます。

お盆が終わると徐々に下降し、9月は8月に比べ、比較的安い価格になるのです。

10月〜11月にかけて、また徐々に価格が下がり始めて12月を迎えます。

これらのことから、航空券の価格を基準にした日本のオンシーズンは7月中旬〜9月上旬ということが考えられます。

目的地のベストシーズン

旅行先のオンシーズンを調べることも重要です。

日本で安く航空券が手に入っても、現地が混雑していたり宿泊代金が高くついてしまったりする可能性があるからです。

まず調べるべきは、現地がバカンスシーズンであるかどうかです。

基本的に、過ごしやすく、観光しやすい気候の時期がオンシーズンとなります。そういった時期は旅行先が人であふれている可能性が高いので注意しましょう。

また、現地の風習や祝日も確認しましょう。

渡航先の国内が休みであれば、その国の人たちの旅行が活発になるので、宿泊施設の料金が高くなることが考えられます。

海外の催し物

海外旅行のツアー代金・航空券が安い時期は?

続いて、海外旅行のオフシーズンについてです。

オフシーズンには旅行に出かける人が少ないので、上手く利用すれば航空料金や宿泊料金などの費用を抑えることができるかもしれません。上手く費用を抑えれば、現地で使えるお金が増えるので、幅広い旅行計画を立てることができるでしょう。

目的地の閑散期

旅行先にもオフシーズンがあります。オフシーズンになる理由は、天候や宗教上の理由などさまざまです。

たとえば、リゾート地の場合は、雨季や台風が多い時期は観光客が減ります。突然の大雨に見舞われる可能性が高い時期に、バカンスに行きたいと考える人は少ないので、当然と言えるでしょう。

続いて宗教上の理由は、たとえばイスラム圏では断食を行う「ラマダン」という習慣があり、ラマダンが行われる時期には夕方までレストランが閉まってしまいます。

そうなると観光するうえでの楽しみが減ってしまうので人気がなくなり、オフシーズンになるというわけです。

WEBからの両替申し込みページへの遷移 取引の流れ説明ページへの遷移
ページのトップへ戻る